破産宣告について※後悔しない借金解決

破産宣告について※後悔しない借金解決

破産宣告について※後悔しない借金解決

消費者金融業者などが行っているキャッシングやカードローンなどのサービスを利用することで、簡単に借金ができる世の中になっていると言えるでしょう。
複数の金融業者から借り入れを行っている人もいると思いますが、借金の金額が多額になると支払いが困難になります。
支払いが困難になったときには法律的に解決する方法があり、それが債務整理の方法となります。
債務整理にはいくつかの方法がありますが、借金について返済していく能力がないことを裁判所に認めてもらって支払い義務を免除してもらう手続きのことを自己破産と言います。
自己破産を行うためには破産宣告をすることになります。
自己破産の破産宣告の段階では破産の宣告をしたのみの状態と考えられますので、借金の支払いをして行く能力がないことを認めてもらう免責という手続きを行わなければなりません。
破産宣告をした段階であっても、消費者金融業者などの債権者からの催促や取り立てを止めることは可能になります。
自己破産の手続きを行うために弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼すると、弁護士や司法書士は依頼者が借り入れを行っていた金融業者などに催促や取り立てを止めるように通知を送りますので、その段階で催促や取り立てからは解放されることになります。
自己破産の手続きを完了させるためには、破産宣告と債務についての免責の両方の手続きを完了させなければ借金の支払い義務が免除されないことを認識しておくことが大切となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ