破産宣告で免責を認められるには?

破産宣告で免責を認められるには?

破産宣告を受けて免責が認められるまでの手順は?

 

まず借金が重なり多重債務に陥り、それが返済不能に陥った場合、
債務者は破産宣告をする事ができます。

 

厳密に言えば債務を抱えた時点で破産宣告そのものは可能ですが、
返済するために借金はするもの、
額が少なければ破産そのものが特例を除けば認められません。

 

破産宣告は債務者個人でも行えますが、
債務者個人でやってしまうにはあまりにもリスクが大きい為、
弁護士に依頼する場合がほとんどです。

 

破産宣告から破産が決定するまでの間、
債権者からは督促が激しくなりますが、弁護士に頼めばそれも大丈夫でしょう。

 

破産が決定し処分するものがない場合、
同時廃止が決定し、同時に免責の申請を行います。

 

もしこれを個人で行った場合、破産が決定した時点で督促は一時的にストップします。

 

しかしその間債権者集会と言うものがあり、
裁判所に集まった債権者の前で破産になった経緯もろもろの話をしなければなりません。

 

弁護士に頼めばその債権者集会も弁護士が行ってくれる場合がほとんどですが、
これには債務者個人が呼ばれて債権者の前で色々と説明させられる事があるようです。

 

債権者から異議がなかった場合、そこで初めて免責が決定します。
その時は債権者も裁判所にで向かなければなりません。

 

このようなステップを踏んで免責が認められるわけですが、
先ほども書いたように個人で手続きを行うよりも弁護士に依頼する方が
スムーズですし、多くの方が依頼しています。

 

依頼するかどうかは置いておくとしても、
まずは法律事務所の無料相談などを利用して、
弁護士と実際に接してみてプロの意見を聞くことをおすすめします。

 

当サイトおすすめの法律事務所を
破産宣告の手続きネット ※金銭問題を解決したいあなたへ
のページでご紹介しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ