破産宣告後デビットカードは使えるのか?

破産宣告後デビットカードは使えるのか?

破産宣告後デビットカードは使えるのか?

借金が返済できなくて債務整理を行った場合は、その後しばらくはローンを組めませんし、クレジットカードも作れなくなります。これは債務整理により、金融機関の信用情報にブラックがついてしまうためです。任意整理もそうですし、自己破産で破産宣告を行った場合もしかりです。ですから、それまでクレジットカードで決済をして来た人は、現金での決済に変更する必要があります。たとえば、ネットのプロバイダー料金や、光熱費をクレジットカードで払っていた場合は、口座引き落としにするといいでしょう。
特に破産宣告を行うと、官報にその情報が掲載されます。とはいっても、破産宣告を主にチェックするのは金融機関で、一般の人がそこまで見ることはそうありません。ですからその点は安心していいのですが、困るのはクレジットカードを持てないとなると、ネットショッピングの決済などに影響が出ることです。
そのような場合にお勧めしたいのが、与信情報を必要としないデビットカードです。デビットカードはICカードのように、自分で入金をして使うカードで、ネットショッピングではクレジットカード同様に決済ができます。また、残高分しか使えませんので、無駄遣いを防ぐというメリットもありますし、店舗によっては、デビットカードでショッピングができることもあります。今クレジットカードを利用している人も、1枚作ってそれをメインに使うようにすると、余計な出費を抑えることができます。もちろん回数は1回払いのみで、決済するとメールが来て、利用状況を知らせるシステムになっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ