破産宣告後にクレジットカードを使えるのか?

破産宣告後にクレジットカードを使えるのか?

破産宣告後にクレジットカードを使えるのか?

自己破産で裁判所に破産宣告をした場合、もうクレジットカードは持てなくなるのでしょうか。確かに、しばらくの間は持てなくなります。破産宣告をした場合は、7年間持てないと考えておいてください。場合によっては5年ということもあります。元々クレジットカードとは、相手の信用があって初めて持てるものであり、たとえば何度か続けて返済が遅れたとか、自己破産をしたといったような場合には、その信用が失われ、信用情報に事故情報、いわゆるブラック情報がつくことになるため、ある期間が過ぎるまでは持てなくなるのです。
ですから、今までクレジットカードで決済をして来た分は、現金決済となります。たとえばインターネットの支払をカード決済にしていた場合は、口座引き落としなどに変えるといいでしょう。破産宣告をするということは、ある意味、クレジットカードやキャッシングにどうしても依存しがちな自分を見直すための、いい機会でもあるのです。ですからこの際、手持ちのお金だけで生活ができるよう、無駄使いを改めるようにするのがいいでしょう。
どうしてもクレジットカードが必要な場合、たとえばネットショッピングなどの決済の場合は、デビットカードを作るのがお勧めです。デビットカードとは、やはりキャッシュレスで支払いをするものですが、自分で入金して使うもので、分割払いが出来ず、残高で支払える分のみ決済が可能になります。この点、ICカードに似ています。また一部の店舗では、デビットカードで買物ができることもあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ