二回目の破産宣告の際の注意点とは?

二回目の破産宣告の際の注意点とは?

二回目の破産宣告の際の注意点とは?

一度破産宣告をした後に、もう一度破産宣告をする人もいます。
ただし二回目の破産宣告は、一回目から一定期間経過していなければいけません。
二回目の破産宣告は、一回目から7年以上の間隔を開ける必要がありません。
7年以上に二回目の破産宣告をしようとしてもできないので、その際には自分の力だけで対応しなければいけません。
7年以上間隔が開いていれば、一回目と同様に二回目もできます。
二回目の債務の免責をする際に、一回目のケースについては考慮されることはありません。
あくまでも今回のケースのみを判断して、債務の免責ができるか決まります。
ただし、二回目は一回目に比べると、裁判所も債務の免責に慎重になるとされています。
曖昧な理由だと認められないこともありますから、裁判所を納得させられるだけの理由を考えておきましょう。
債務の免責をし自己破産をしたときにデメリットも、一回目と違いはありません。
不動産や一定以上の資産は差し押さえられ、また裸一貫からやり直さなければいけません。
破産宣告は、人生で何度でもすることができます。
しかし、そのたびにせっかく築いた財産は没取され、多くの人に迷惑をかけることになります。
自己破産をするとその後の生活は苦しくなりますから、できるだけ借金を作らないようにしましょう。
どうしようもないときに二回目の破産宣告をするのは仕方ありませんが、7年間はできないことに注意して生活しなければいけません。


ホーム RSS購読 サイトマップ